ご挨拶

ご挨拶

 

当協会は、世界の音楽を学ぶ学生や若い研究者・音楽家、音楽愛好家の為に多彩な文化事業を行い、音楽芸術を通じての文化振興、国際交流、社会福祉ならびに地方創生に寄与することを目的として設立された団体です。

商業ベースによる通常のコンサートでは、入場料が高価となるため、なかなか参加できない若い音楽学生・生徒や障害者を始め総ての入場者の方々が、入場料を一切無料とした「日露交歓コンサート」に多数参加され、超一流の芸術に触れ、互いに交歓の感動を確かめ合えることができました。

私どもの活動は、北は北海道の稚内市から南は沖縄県の離島に至るまで日本全国に亘っており、普段一流のクラシック演奏に接する機会の少ない方々に、真のクラシック演奏に気軽に接していただける機会を提供するものとして、多くの皆様方から高い評価を頂いております。

当協会はこれまで、1992年に国際音楽学生交流協会としての発足以来、1998年の社団法人化(「自治省財政局地方債課」所管)を経て、24年間に亘り、41都道府県104市区町村において延べ289回のコンサートを開催して参りました。

また、2014年からは公益社団法人国際音楽交流協会(内閣府所管)として、これまでの活動理念を継承発展させ、更に活発な活動を実施して参るところであります。

 

更に、2015年6月5日には、同年4月より通年一般公開が開始されました赤坂迎賓館において、迎賓館史上初となる一般公開コンサートを「日・シンガポール青少年交流音楽祭」として開催致しました。

 

尚、当協会は今年25年目を迎え、活動を47都道府県へ拡げること及びより多くの国々との交流を深めること等を目標に、更に活発な活動を目指し組織基盤の強化と拡充を目指しています。

 

引き続きあたたかいご声援を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

 

公益社団法人 国際音楽交流協会

理 事 長  指 宿  修 子